白身と黄身を分けるか白身に火をとおせば完璧です

卵もやる気を出すのに効果的な食品です 一度お試しあれ

前ページはこちら

 

 

このコンテンツをエントリーしている現在、私は「卵信者」になっております。

 

私のメルマガで何度か紹介したように、卵が健康維持に大変効果的と考えているからです。

 

その理由は何といっても、

 

卵が栄養面でとても優れているから

 

につきます。

 

 

よく知られているかとは思いますが、卵に含まれる主な栄養素は以下のとおりです。

 

たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 鉄 亜鉛 同 ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン

 

私としては、「ビタミンC以外はほぼ全て」ととらえていて、「完全食」と呼ばれるのも納得です。

 

 

それならどんどん食べよう、という話になりそうですが、これまでは卵は「コレステロールが多いので健康を害する」とされてきました。

 

「一日1個まで」といったスローガンもありました。

 

 

しかし、2015年時点では

 

 

健康な人であれば、食事で摂取したコレステロールは、血中コレステロール値に影響を及ぼさない

 

 

のが確定しています。

 

厚生労働省が定める、日本人の食事摂取基準からもコレステロールの項目が無くなっています。

 

 

つまり、卵を食べてもコレステロールを気にする必要はない、ということです。

 

 

「栄養豊富なんだから、どんどん食べてOK」なわけで、実際に卵を意識して食べている人は、年齢を重ねても若さや健康を維持しているケースが目立ちます。

 

 

メルマガでお知らせした内容をざっくりまとめます。

 

■115歳で長寿世界一になった、米国人のスザンナ・ジョーンズさんとイタリア人のエマ・モラノさんはいずれも毎日卵を食べる 特にモラノさんは一日に2〜3個の生卵を欠かさない

 

■アンチエイジング・スペシャリスト、オーガスト・ハーゲスハイマーさんは一日に10個食べることもある

 

■90歳で100メートル走の世界記録を持つおばあちゃん、守田 満(みつ)さん(熊本在住)も朝食に生卵を欠かさない

 

私が知る限り、「卵を食べていたので健康を害した」「ご長寿さんで、卵は嫌い」といった記事は目にしたことがありません。

 

 

「卵をたくさん食べてるおかげで元気いっぱい!見た目も若い!」という類の話題が圧倒的に多いのです。

 

 

そして、このサイト的には、卵は「やる気」を持続するのにも効果的という点も強調しておきます。

 

 

これまで私は一日1個は卵を食べてきましたが、卵の有効性に気づいてから2〜3個食べるようになりました。

 

その結果、私としてはメンタル面のコンディションも良くなったと実感しています。

 

 

「サボる」場面がさらに少なくなり、飲酒後のダメージ(やる気低下)も抑えられるのです。

 

メンタル面のコンディションに関する私の考えは、こちらのコンテンツに書いております。

 

食べるものはメンタルにも間違いなく影響します

当サイト内のやる気に関するコンテンツ一覧です

 

 

ということで、私がおすすめする「やる気食品」は、以下のようになりました。

 

・玄米
・ウコン(ターメリック)
・青汁
・アミノ酸
・クエン酸
・良い水
・納豆
・全粒粉パスタ
・卵 ←NEW!

 

 

値段も安いし調理法も様々あって、どんな材料とも合う。摂取を習慣にするにはなかなか優れた食材です。

 

 

これまでの食習慣に、1〜2個の卵摂取をプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

 

私は温泉玉子か半熟玉子をまとめて(4〜5個)作っておいて、間食にそれを食べるようにしています。

 

 

最近はお湯を注ぐだけで作れる温玉器もあるので、調理も簡単です。

 

 

私は温泉玉子にはめんつゆをかけて食べてます。食卓の一品に温泉卵であると、献立がグッとゴージャスに(?)なりますよ!

 

 

卵を食べれば全部よくなる

肉・卵・チーズをたっぷり食べて 1年で50kg痩せました

わかさ 2015年 10 月号(メルマガで紹介した卵の記事はこちらを参考にしました)

 

 

 

 

さらに追記!

玄米や青汁なしでやる気を持続するには?

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました!^^

関連ページ

サボり癖・やる気の無さも食事が原因では?
食事は身体だけでなく心の健康にも大きく関わっています
精神を健康に保つのにおすすめ 玄米と青汁
やる気がなくてついサボッたり イライラしてしまうなら摂取する栄養が不足しているのかもしれません
即効でやる気を出す?食品とは
集中力が散漫になって仕事が進まない時 脳に必要な栄養を補給するには
昔より摂取量が大きく減った栄養素
クエン酸は大昔から摂取量が大幅に減っているのではないでしょうか?人間の身体はクエン酸ありきで作られているのでは?
現代ではほとんど摂ってない?クエン酸
私がクエン酸の健康効果を感じるのは クエン酸と人間の身体が長い付き合いだからでは?
禁酒・禁砂糖はやる気を持続させる
砂糖とアルコールはやる気・意欲を減退させる食品ではないでしょうか
とりあえず三日間砂糖断ちでやる気キープ
「どうもやる気が出ない・・・」という時は砂糖を断ってみて下さい とりあえず三日間
アルコール断ちでやる気アップ
お酒を飲みすぎるとやる気減退につながります
呼吸は疲れ・やる気に関わるッ! 「ジョジョ」より
PC・スマホ操作で猫背・巻き肩になっていると軽い酸欠になり 様々な不調の原因になります 荒木先生も実践の深い呼吸をしましょう
深い呼吸もやる気アップ 管理人の体験談
玄米やアミノ酸 青汁はやる気アップに間違いなく貢献してくれますが 私の場合 まずは深い呼吸をするといい感じです
夜になったらサングラスをかけて快眠を
室内でもサングラスをかけると目に入る光量が少なくなるので眠りの質が良くなります
玄米はオニギリにして 冷凍保存してます
玄米はまとめて炊いてオニギリにして冷凍 朝は解凍して玄米スープに
首タオルは保温でカゼ予防だけでなくリラックス効果も
強力なカゼ予防手段・首タオルは保温だけでなく副交感神経を優位にする働きもあります

 
メールフォーム 英検1級合格体験談 健康への試行錯誤(本館)