深い呼吸で(自律神経の)疲労を回復してやる気アップ

(管理人の場合)食べ物よりも呼吸がやる気アップに貢献

またもや呼吸とやる気です。

 

前ページはこちら

 

似たような話題を続けてますが、それもこれも私にとって深い呼吸の効果が衝撃的だったからです。

 

 

その衝撃をどうにかお伝えするべく、くどいようですが呼吸とやる気についてお知らせします。

 

 

これまで紹介してきた、食べ物によるやる気増進に興味をお持ちなら、ぜひお読みください。

 

 

 

これまで当サイトでは、やる気アップのために・・・

 

 

・玄米や青汁がおすすめ
・アミノ酸も効果アリ
・お酒は飲まない
・甘いものも控えめに

 

 

・・・など、私の考えをあれこれお知らせしてきました。

 

しかしこのたび、あえて言わせて頂きます。

 

 

これらよりも、呼吸が大事です!(大声)
(私の場合)

 

今まで主張してきた玄米や青汁が無駄とはもちろん言いません。
効果はあると確信しています。

 

 

しかし現在、優先順位としては「呼吸を最優先すべし」との考えに至っています。

 

 

私が本格的に呼吸を意識し始めたのは、平成28(2016)年8月の終わりごろです。

 

猫背・巻き肩を直しつつ、気付いた時に「フ〜ッ」と深い呼吸を実践したのです。

 

 

すると9月下旬あたりから、「お?やる気が持続するなぁ」と変化を感じ始めました。このへんは、前ページに書いたとおりです。

 

 

そこで私は試してみました。
深い呼吸を実践する一方で、

 

 

・三日間玄米を食べず、お酒は飲む

 

 

という、やる気を減退させる「タブー」にあえて踏み込んだのです。
ちょっとした人体実験ですね。

 

その結果どうなったかというと・・・

 

 

やる気は維持できました!

 

 

つまり、呼吸がちゃんとしていれば、玄米なし、アルコールありでもやる気減退は起きなかったのです。

 

※ただし、もっと長いこと続けていたら違う結果になっていたと思います

 

 

これは衝撃でした。

 

私の「健康への試行錯誤」人生において、

 

 

・スピルリナによる免疫力向上&イボ克服
・レーシック手術による視力回復

 

 

にも匹敵する衝撃だったのです。

 

 

 

呼吸を改善してからこれを書いている時点で1ヵ月半ほど経過しています。

 

 

いまでは大げさでなく、朝から晩までよく動きます。

 

 

仕事もはかどりますし、掃除もまめにやってます。何より、あれほどサボリがちだった筋トレをチョコチョコやるようになりました。

 

睡眠時間も短めになり、活動時間が長くなっています。精神的にも余裕が出てきたように思います。

 

 

日々の生活の質が格段に向上したのです。今後の人生が変わるのでは?とまで感じています。

 

 

深い呼吸は、私を良いほうに変えてくれました。

 

現代社会では、肉体的な疲労よりも、精神的に疲れる機会のほうが圧倒的に多くないでしょうか?

 

 

ストレスや緊張で交感神経ばかりを働かせています。気持ちがささくれ立って、神経をすり減らしているというか。

 

(特に私の場合すぐイライラする性格なので、深い呼吸が効果的なのかもしれません)

 

 

加えてPC・スマホ作業で呼吸が浅くなっていては(前ページ参照)、交感神経の優位がさらに進み、副交感神経とのバランスはますます崩れます。

 

こうした神経の疲労やアンバランスは、深い呼吸により改善できます。

 

 

いつも倦怠感を感じるためサボリ癖が払しょくできず、「どうも自分の思うような時間の使い方ができない」と悩んでいるあなたは、ぜひ呼吸を見直して下さい。

 

 

・両肩を引いて胸郭を開き
・姿勢を正して

 

 

深い呼吸をしてみましょう。これまで以上に充実した時間を過ごせるのは間違いありません。

 

大げさではなく、人生を変える力がありますよ!

 

 

そしてさらに気合を入れるなら、玄米や青汁を試してみて下さい^^

 

 

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました!^^

関連ページ

サボり癖・やる気の無さも食事が原因では?
食事は身体だけでなく心の健康にも大きく関わっています
精神を健康に保つのにおすすめ 玄米と青汁
やる気がなくてついサボッたり イライラしてしまうなら摂取する栄養が不足しているのかもしれません
即効でやる気を出す?食品とは
集中力が散漫になって仕事が進まない時 脳に必要な栄養を補給するには
昔より摂取量が大きく減った栄養素
クエン酸は大昔から摂取量が大幅に減っているのではないでしょうか?人間の身体はクエン酸ありきで作られているのでは?
現代ではほとんど摂ってない?クエン酸
私がクエン酸の健康効果を感じるのは クエン酸と人間の身体が長い付き合いだからでは?
玉子もやる気を出す食品です
卵(玉子)も「やる気キープ食材」のひとつとして確定しました 値段も安く調理法も多彩なので摂取を習慣にしたいところ
禁酒・禁砂糖はやる気を持続させる
砂糖とアルコールはやる気・意欲を減退させる食品ではないでしょうか
とりあえず三日間砂糖断ちでやる気キープ
「どうもやる気が出ない・・・」という時は砂糖を断ってみて下さい とりあえず三日間
アルコール断ちでやる気アップ
お酒を飲みすぎるとやる気減退につながります
呼吸は疲れ・やる気に関わるッ! 「ジョジョ」より
PC・スマホ操作で猫背・巻き肩になっていると軽い酸欠になり 様々な不調の原因になります 荒木先生も実践の深い呼吸をしましょう
夜になったらサングラスをかけて快眠を
室内でもサングラスをかけると目に入る光量が少なくなるので眠りの質が良くなります
玄米はオニギリにして 冷凍保存してます
玄米はまとめて炊いてオニギリにして冷凍 朝は解凍して玄米スープに
首タオルは保温でカゼ予防だけでなくリラックス効果も
強力なカゼ予防手段・首タオルは保温だけでなく副交感神経を優位にする働きもあります

 
メールフォーム 英検1級合格体験談 健康への試行錯誤(本館)