お菓子やジュース 砂糖入りコーヒーなどをやめてみれば

砂糖をやめてメンタル改善 生活の質も向上

前ページからの続きです。

 

 

近年は「糖質カット」がブームになっていて、この場合の「糖質」は、ご飯やパン、麺類といった炭水化物も含んでいるケースが多いようです。

 

 

しかしこのコンテンツで問題にしているのは、いわゆる「甘いもの=砂糖」であり、ご飯やパンは含みません。

 

 

つまり私としては、ご飯やパンがやる気を減退させるとは考えていないのです。あくまで「甘いもの」ですね。

 

 

スイーツ、ジュースの類など砂糖が含まれているものは、全て警戒して下さい。(パンでも甘い菓子パンはダメですよ)

 

 

「やる気出ないなぁ・・・」ということがあるなら、まず砂糖摂取が習慣になっていないか、自分の日常を見直してみましょう。

 

 

・食事の後にデザート
・昼のおやつ時に甘いものを食べる
・砂糖入りの缶コーヒーを飲む

 

 

・・・などの習慣を、一切やめてみて下さい。

 

 

今までずっとやってきたことをいきなりやめると、落ち着かないものです。

 

私もそうでしたが、「依存症じゃないか?」と思えるほど、甘いものを食べるのが生活の一部になっているのです。

 

(実際に、砂糖依存症という言葉もありますよね)

 

 

我慢し続けるのもストレスになりますから、とりあえず三日間だけやめてみて下さい。

 

 

「四日目にはスイーツ食べるぞ!」と、三日坊主上等で実践するわけです。

 

 

私の場合、それだけでやる気が大幅にアップします。その結果、このような変化が起きます。

 

・やるべき仕事をちゃんとやるようになる 
・掃除や洗濯などをこまめにやるようになる 
・食事もちゃんと作る
・細切れ時間も無駄にしない
・筋トレまでサボらなくなる
・メンタル面も良好になる

 

生活全般の質が明らかに改善するのです。これって、かなり理想的じゃないですか?

 

 

「砂糖断ち」の三日目には、休日をあてるのが良いのではないでしょうか。その前の二日間砂糖を断っているので、やる気アップの準備は整っています。

 

 

休日の三日目にも甘いものをとらなければ、充実した一日を過ごせるでしょう。

 

 

「せっかくの休日なのに、ロクでもない一日を過ごしてしまった・・・」と自己嫌悪に陥った経験があるなら(もちろん私もそのひとりです)、ぜひ試してみて下さい。

 

 

ところで、砂糖の摂取がやる気(メンタル面)に悪影響を及ぼすのはなぜでしょうか?

 

ネットで調べてみると、

 

 

・血糖値の変動が激しくなるため
・ビタミンBを消費するため
・カルシウムを消費するため

 

 

といった理由が挙げてあります。

 

どれかひとつだけというわけではなく、これらのいずれも理由として考えられるのでしょう。

 

 

・・・と、ここまで甘いものをひたすら否定してきましたが、砂糖は未来永劫ダメかというと、私はそうは思いません。

 

 

「砂糖は一切とらないほうが良い」という主張があり、私も「確かにそれがベストかも」と感じます。

 

糖尿病の発症者数は増え続けていて、砂糖の制限は厳しめのほうが良いようにも思えます。

 

 

しかし私としては「何事もほどほどに」であればOKではないか、とも思えるのです。

 

 

砂糖の摂り過ぎはもちろんダメですが、だからといってゼロにする必要があるとかというと、それも?という感じです。

 

砂糖を少しくらい口にしても、人体は対応できるのではないでしょうか。

 

 

食事やお酒と同様に、摂取する砂糖にも「適量」「ほどほど」があるはずです。

 

 

それがどれくらいかは、人によって違います。

 

スイーツを毎日食べても、やる気に満ちて、日々精力的に活動する人もたくさんいます。

 

 

しかし、甘いものを食べる習慣があって、「やる気出ない・・・」ということがしばしばあるなら、それは口にする砂糖の量が多すぎる(適量ではない)と考えられます。

 

 

試しに、三日間砂糖断ちしてみて下さい。きっと良い変化が表れるはずです。

 

 

四日目に甘いものを口にしても、「砂糖断ちは確かに効果があったなぁ」という良い経験をしていれば、それは今後に必ず活きてきます。

 

 

生活の質を改善する意思を持ってしばらく試行錯誤を続ければ、「やる気に影響を与えない、適切な砂糖摂取量」が必ず把握できるはずです。

 

 

次ページではアルコールについて書いてみます。

 

 

「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった

砂糖をやめればうつにならない

「砂糖」をやめれば10歳若返る!

アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!

 

 

 

 

次のページへ

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました!^^

関連ページ

サボり癖・やる気の無さも食事が原因では?
食事は身体だけでなく心の健康にも大きく関わっています
精神を健康に保つのにおすすめ 玄米と青汁
やる気がなくてついサボッたり イライラしてしまうなら摂取する栄養が不足しているのかもしれません
即効でやる気を出す?食品とは
集中力が散漫になって仕事が進まない時 脳に必要な栄養を補給するには
昔より摂取量が大きく減った栄養素
クエン酸は大昔から摂取量が大幅に減っているのではないでしょうか?人間の身体はクエン酸ありきで作られているのでは?
現代ではほとんど摂ってない?クエン酸
私がクエン酸の健康効果を感じるのは クエン酸と人間の身体が長い付き合いだからでは?
玉子もやる気を出す食品です
卵(玉子)も「やる気キープ食材」のひとつとして確定しました 値段も安く調理法も多彩なので摂取を習慣にしたいところ
禁酒・禁砂糖はやる気を持続させる
砂糖とアルコールはやる気・意欲を減退させる食品ではないでしょうか
アルコール断ちでやる気アップ
お酒を飲みすぎるとやる気減退につながります
呼吸は疲れ・やる気に関わるッ! 「ジョジョ」より
PC・スマホ操作で猫背・巻き肩になっていると軽い酸欠になり 様々な不調の原因になります 荒木先生も実践の深い呼吸をしましょう
深い呼吸もやる気アップ 管理人の体験談
玄米やアミノ酸 青汁はやる気アップに間違いなく貢献してくれますが 私の場合 まずは深い呼吸をするといい感じです
夜になったらサングラスをかけて快眠を
室内でもサングラスをかけると目に入る光量が少なくなるので眠りの質が良くなります
玄米はオニギリにして 冷凍保存してます
玄米はまとめて炊いてオニギリにして冷凍 朝は解凍して玄米スープに
首タオルは保温でカゼ予防だけでなくリラックス効果も
強力なカゼ予防手段・首タオルは保温だけでなく副交感神経を優位にする働きもあります

 
メールフォーム 英検1級合格体験談 健康への試行錯誤(本館)