薄毛・白髪対策など 髪の健康について私の考えなどを書いています

髪に関して 薄毛 白髪対策など私の考え記事一覧

髪に良い 薄毛・白髪対策になる食品とは その1

薄毛や白髪対策として、「髪に良い」とされる情報は、既存のメディアやネット上に山のように存在します。健康サイトを運営している関係上、私も毛髪に関する情報はたくさん目にしました。髪についての記事をあれこれ読んでいると、情報の取捨選択が進み、「これは確かに大事」「これはそれほどでもない」と自分なりに選別で...

≫続きを読む

 

髪に本当に良いこと その2 玄米やスピルリナ たんぱく質

前エントリーはこちら具体的な対策について書く前に、まず私がどういう頭(髪)をしているのかをお見せします。「髪に良いこととは?」と偉そうなことを書く私が、薄毛で白髪が多かったら説得力がありません。そこで、訪問者の皆さまに判断して頂くため、恥を忍んで私の頭を動画で公開いたします。もちろん白髪染めや植毛な...

≫続きを読む

 

薄毛・白髪対策に必要なこと 血行促進のために適度な運動

2 血流と運動栄養と同様に大事なのは、血流です。前ページはこちらです摂取した栄養を髪に運ぶのは血流だからです。栄養を十分とっても、髪に運ばれなければ意味がありません。そこで、血流を促すために、よく言われる適度な運動が必要なわけです。運動であれば何でも良いと思いますが、とりあえずはできるだけ歩くよう心...

≫続きを読む

 

薄毛・対策に必要なこと 管理人の考え まとめ

ここまでの内容をまとめます。前ページへ最初のページへ薄毛・白髪対策に必要なこと、それは髪が必要としている栄養その栄養を髪に届けるための血流の二つです。髪に必要な栄養を摂取する食生活の一例として、・玄米と玉子を一日一度は食べる・たんぱく質が不足しているならプロテインやアミノ酸で補給・その他の栄養をスピ...

≫続きを読む

 

薄毛・抜け毛に食事やタバコ・血流は関係ない?Tarzanより

こちらのコンテンツ「髪に良い 薄毛・白髪対策になる食品とは その1」で、髪の健康維持に関して私の考えを紹介しました。要旨としては「白髪・薄毛を防ぐには栄養と血行が大事なのでは?」であり、自身の体験なども交えて書いています。私としては、それほどハズしていないつもりだったのですが・・・。雑誌「Tarza...

≫続きを読む

 

宇津木龍一医師はシャンプーは髪と頭皮を傷め薄毛を招くとしています

「シャンプーをやめると、髪が増える」などの著書がある宇津木龍一医師の髪は、以前は細くてサラサラとコシがなく、整髪料を使わないと前髪が落ちてくるほどでした。40代後半の頃、短髪にしていた宇津木医師は、奥さんから「髪が薄くなったわね」と指摘を受けます。それから、髪の毛や頭皮についていろいろ調べてみたとこ...

≫続きを読む

 

シャンプーをやめた宇津木龍一医師は「水洗髪」で薄毛を解消しました

宇津木龍一医師はシャンプーを使わず、「水洗髪」を行って髪を復活させました。前ページはこちら宇津木医師の水洗髪では、水温33〜34以下の「ぬるま水」を使います。この水で髪を濡らし、頭皮を指の腹で豆腐の表面や産毛をなでる程度に、軽くこすって洗います。ロングヘアなら、手ぐしや粗いナイロンブラシで優しくとか...

≫続きを読む

 

宇津木龍一医師 髪の健康と遺伝や睡眠 タバコは髪に悪い?

前のページでは、宇津木医師の水洗髪についてお知らせしました。このページでは、頭髪の健康全般に関し、世間でよく知られている件を宇津木医師がどう考えているかを紹介します。■薄毛は遺伝する?薄毛が遺伝の影響を受けるのは否定できませんが、宇津木医師は、遺伝や体質以上に、日頃のケアが髪の状態を左右すると考えて...

≫続きを読む

 

宇津木龍一医師 スカルプケアは髪に良い?髪の健康と食事 飲酒

前ページの続きです。宇津木龍一医師の考えを紹介いたします。■スカルプケアは髪に良い?現代は何かとスカルプケアが話題になります。その内容としては、頭皮のマッサージとシャンプーがメインのようです。頭皮の適度なマッサージは、血行を促進するので頭皮の健康にはプラスになります。ただし、指の腹で軽く行う程度がお...

≫続きを読む

 

南雲吉則医師もシャンプーをやめて水シャワーに フケや抜け毛対策に

前ページまで、宇津木龍一医師の「水洗髪」について紹介しました。このページでは、「50代なのに30代に見える医師」として有名な、ナグモクリニック総院長・南雲吉則医師の洗髪方法を紹介します。このお二人の「髪アンチエイジング」に共通しているのは、「洗いすぎない」ことのようです。南雲医師は以前、頭皮の状態に...

≫続きを読む

 

髪・頭皮を健康に 南雲医師の水シャワー 「アブラを落とす」は正しい?

南雲医師の水シャワーの方法は至って簡単です。前のページまず、最初にぬるま湯のシャワーを頭から浴び、髪や身体を手でなで洗いします。整髪料を使ったときの頭や、わきの下、陰部など毛が生えている部位、足の裏は、固形石鹸を使って洗います。それからシャワーの温度を少し下げて、また頭から浴び、石鹸の泡を流します。...

≫続きを読む

 

薄毛を防ぐにはシャンプーもOK 板羽忠徳氏 洗い方とマッサージ法

前ページまで、髪と頭皮のためには「シャンプーは使うべきではない!水洗髪が良い」という主張を紹介してきました。前ページはこちら髪関連最初のコンテンツはこちらしかし、多くの健康情報がそうであるように、髪についても「真逆の主張」があります。「シャンプーはOK!」と考える人もいるのです。全国理容連合会名誉講...

≫続きを読む

 

板羽忠徳氏の薄毛対策 頭皮マッサージ法やり方と組み手 血行促進に

板羽忠徳氏の頭皮マッサージ法では、独特の「組み手」を用います。前のページはこちらといっても難しいものではなく、以下の三つです。エイの組み手両手の人差し指から小指までを外側で組むカニの組み手両手のそれぞれの親指と人差し指を交差するようにして重ねるイソギンチャクの組み手両手の人差し指から小指までを内側で...

≫続きを読む

 

耳たぶ回しで育毛 佐藤青児医師のリンパケア

以前読んだ読んだ健康雑誌「壮快」に、「それは知らなかったなぁ」という育毛法がありました。「食べ物」や「育毛剤」ではなく、ちょっとした「運動(?)」です。といっても、「頭皮マッサージ」や「叩いて刺激!」ではありませんよ。個人的にはかなり意外だったので、お知らせします。すごく簡単な動作です。その意外な育...

≫続きを読む

 

藤田紘一郎教授推薦 髪がよみがえる最強育毛食材5つ

育毛・発毛のポイントと言えば、・髪を育てる栄養を摂取する・血行を良くする・頭皮を清潔にあたりが定番として挙げられることが多く、当サイトでもその旨のコンテンツを複数作っています。しかし東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授は、ちょっと違うポイントを指摘されています。そのポイントとは腸内環境です。藤田教授...

≫続きを読む

 

 
メールフォーム 英検1級合格体験談 健康への試行錯誤(本館)