怒り・イライラは血流を滞らせて健康を損ねます まずは深呼吸を

小林弘幸教授 日常生活で怒りやイライラを感じたら

順天堂大学の小林弘幸教授は、40代まで短期で怒りっぽく、四六時中どなり散らしていたそうです。

 

 

しかし自身の専門分野である自律神経の研究を進めるうちに、イライラや怒りが健康を損ねることがわかってきました。

 

 

「機嫌よく生きる」と健康・仕事・人間関係に恵まれる
「機嫌よく生きる」と健康・仕事・人間関係に恵まれる (感情と整えて人生を好転させる最新医学&心理学)

 

 

イライラや怒りは交感神経を優位にします。交感神経が過度に優位になると血管が収縮し、血流が悪くなります。

 

 

また交感神経が高ぶると、消化器の動きが鈍くなるため、日常的にイライラや怒りを感じていると、身体の不調を招くのです。

 

 

こうした事実を理解するにつれ、小林教授は自分の行動を改めるようになりました。

 

心がけたのは次の二つです。

 

 

「ニコニコする」
「ゆっくり話す」

 

 

小林教授によると、この二つを意識するだけで自律神経のバランスが整い、血管が広がって血液の流れが促進されます。

 

 

「イライラ」「怒り」とは逆の作用で体調を良くしてくれるのです。

 

 

 

 

この二つを心がけるようになってから、小林教授の頭痛や肩こりといった体調不良が解消しました。

 

 

小林教授は、深呼吸も勧めています。

 

怒りを感じたり、言いたいことを我慢したりすると一瞬呼吸が止まります。

 

 

これは交感神経が高ぶっているサインなので、こんな時一回でも深呼吸すると副交感神経の働きが高まり、自律神経のバランスが整います。

 

 

深い呼吸の重要性については、私もこちらのコンテンツで強調しています。

 

意識して行うのと行わないのでは、身体・メンタル両面の健康で大きな差がつくと考えています。

 

 

日常生活でイライラ・怒りを感じたら、

 

・まず深呼吸
・ニコニコする
・ゆっくり話す

 

を実践してみて下さい。
心身両面の健康維持を助けてくれます。

 

 

ホントに違いますよ!

 

壮快 2016年 11 月号
壮快 2016年 11 月号

 

このコンテンツは雑誌「壮快」2016年11月号78〜79ページを参考にしました。

 

 

 

 

 

 

※このサイトは作成ソフトSIRIUS(上位版)で作りました!^^

関連ページ

主観的健康感が高いと実際元気&長寿になる
日本人は主観的健康感が低いそうです 「思い込み」みたいなものですが実際に寿命や健康度に影響するそうです

 
メールフォーム 英検1級合格体験談 健康への試行錯誤(本館)